R+house 三原市木原

建築家デザイン

Design
建築家デザイン
Design
建築家デザイン
アトリエ建築家との家づくり
R+house
~セミオーダー、建築家による設計~
私たちは、アトリエ建築家たちに設計を依頼します。
アトリエ建築家ってどんな人?
アトリエ建築家は「住まいをつくるプロ」
どのような住まいなら、大切な家族との時間を育むことができるでしょうか。家族のライフスタイルを表現した空間。生活動線や目線を意識した使い勝手の良い空間、心地よい広がりのある空間など。R+house 三原市木原の頼れる建築家はライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。家族でずっと仲良く暮らしたい、そんな想いを叶えます。
アトリエ建築家との家づくり
R+house
~セミオーダー、建築家による設計~
私たちは、アトリエ建築家たちに設計を依頼します。
アトリエ建築家ってどんな人?
アトリエ建築家は「住まいをつくるプロ」
どのような住まいなら、大切な家族との時間を育むことができるでしょうか。家族のライフスタイルを表現した空間。生活動線や目線を意識した使い勝手の良い空間、心地よい広がりのある空間など。R+house 三原市木原の頼れる建築家はライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。家族でずっと仲良く暮らしたい、そんな想いを叶えます。
~アトリエ建築家たちの想い~
限られた予算の中でどれだけお客様の家族構成や現在のライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつ、どうやって予算内できれいに収めていくのか、を考え住まいを作るプロとして費用とのバランスや、土地、暮らし方とのバランスを考えてご提案します。
~アトリエ建築家たちの想い~
限られた予算の中でどれだけお客様の家族構成や現在のライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつ、どうやって予算内できれいに収めていくのか、を考え住まいを作るプロとして費用とのバランスや、土地、暮らし方とのバランスを考えてご提案します。
「建築家と建てる家を、身近に、手軽に」
お客様のライフスタイルや価値観を実現する建築家住宅
誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、
手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプト。
「建築家と建てる家を、身近に、手軽に」
お客様のライフスタイルや価値観を実現する建築家住宅
誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプト。
R+house 建築家による3つのデザイン
- 見た目のデザイン -
―スタイリッシュな外観や美しいディテールの演出でお客様を満足させる家づくりを実現―
今までの一般的な住宅の倍以上長く住み続けられるR+houseの住宅。耐久性が高く、長く住み続ける住宅だからこそ、時が経っても古ぼけて見えないデザインが求められます。
建築に対して造形の深い腕の良い建築家が設計することで、時が経っても美しい、飽きのこない普遍的なデザインに仕上げることができます。

変に際立つのではなく、その町の風景に溶け込みながら建築家のデザインがその家ならではの個性を発揮させる。

リズミカルな窓配置や木材などの異素材を効果的に使った外観は、建築家らしいたたずまいに。
- 生活のデザイン -
―ルックスだけではなく、ご家族の理想のライフスタイルを実現する住空間を形にー
R+houseの建築家は基本的には
「リビングはどのくらいの広さが欲しいですか?」
「子供部屋は何部屋必要ですか?
という面積を積み上げていくヒアリングはしません。
「朝起きて何をしますか?」
「家に帰られてから晩酌はしますか?」
など、お客様の生活を軸にヒアリングを進めます。
時には「そんなことまで何に関係するのかな?」 と思われる質問もあるのですが、あらゆる角度から質問をし、 予算内でお客様のライフスタイルに合わせたベストな間取りを考えます。
R+houseの建築家は、見た目だけではなく、目に見えない心地よさもデザインします。
- 性能のデザイン -
―高気密・高断熱の特徴を活かした空間設計、土地のパフォーマンスを最大限に活かすプランニング―
高気密高断熱の性能の良さを最大限に活かすためには、緻密な設計が要であり、建築家の高いスキル、豊富な経験があってこそ実現可能になります。
省エネ性や断熱性についてはもちろんのこと、R+houseの建築家は、その土地の自然環境を取り込んだ、心地よい暮らしを提供してくれます。
これが「性能をデザイン」するということです。
簡単にいうと、冬場の暖かい日差しは取り入れて、夏場のきつい日差しは避ける、そんな設計です。
その土地の特徴を捉えて、事前に隣地の窓位置も確認します。
また、その地域に吹く風の向きの統計資料(風配図)をみたり、「外観のバランス」だけでなく、「採光」「通風」など、パッシブ要素も考慮されたプランを描きます。 窓の配置にはすべて意味(=建築家の意図)があるのです。
パッシブ設計を取り入れることにより光熱費が抑えられます。社内設計士と比べると、建築家への設計料が高く感じられるかもしれませんが、長期的に見て設計料の何倍もお得な家が出来上がります。
最初にかかるイニシャルコストだけでなく、住宅選びは住んでからのランニングコストも含めた “トータルコスト”で考えることが大事です。
R+house 建築家による3つのデザイン

- 見た目のデザイン -
―スタイリッシュな外観や美しいディテールの演出でお客様を満足させる家づくりを実現―
今までの一般的な住宅の倍以上長く住み続けられるR+houseの住宅。耐久性が高く、長く住み続ける住宅だからこそ、時が経っても古ぼけて見えないデザインが求められます。
建築に対して造形の深い腕の良い建築家が設計することで、時が経っても美しい、飽きのこない普遍的なデザインに仕上げることができます。

変に際立つのではなく、その町の風景に溶け込みながら建築家のデザインがその家ならではの個性を発揮させる。

リズミカルな窓配置や木材などの異素材を効果的に使った外観は、建築家らしいたたずまいに。

- 生活のデザイン -
―ルックスだけではなく、ご家族の理想のライフスタイルを実現する住空間を形にー
R+houseの建築家は基本的には
「リビングはどのくらいの広さが欲しいですか?」
「子供部屋は何部屋必要ですか?
という面積を積み上げていくヒアリングはしません。
「朝起きて何をしますか?」
「家に帰られてから晩酌はしますか?」
など、お客様の生活を軸にヒアリングを進めます。
時には「そんなことまで何に関係するのかな?」
と思われる質問もあるのですが、あらゆる角度から質問をし、 予算内でお客様のライフスタイルに合わせたベストな間取りを考えます。
R+houseの建築家は、見た目だけではなく、目に見えない心地よさもデザインします。

- 性能のデザイン -
―高気密・高断熱の特徴を活かした空間設計、土地のパフォーマンスを最大限に活かすプランニング―
高気密高断熱の性能の良さを最大限に活かすためには、緻密な設計が要であり、建築家の高いスキル、豊富な経験があってこそ実現可能になります。
省エネ性や断熱性についてはもちろんのこと、R+houseの建築家は、その土地の自然環境を取り込んだ、心地よい暮らしを提供してくれます。
これが「性能をデザイン」するということです。
簡単にいうと、冬場の暖かい日差しは取り入れて、夏場のきつい日差しは避ける、そんな設計です。
その土地の特徴を捉えて、事前に隣地の窓位置も確認します。
また、その地域に吹く風の向きの統計資料(風配図)をみたり、「外観のバランス」だけでなく、「採光」「通風」など、パッシブ要素も考慮されたプランを描きます。 窓の配置にはすべて意味(=建築家の意図)があるのです。
パッシブ設計を取り入れることにより光熱費が抑えられます。社内設計士と比べると、建築家への設計料が高く感じられるかもしれませんが、長期的に見て設計料の何倍もお得な家が出来上がります。
最初にかかるイニシャルコストだけでなく、住宅選びは住んでからのランニングコストも含めた “トータルコスト”で考えることが大事です。
R+house建築家の敷地対応力
―変形地や狭小地、高低差のある土地こそ、建築家の本領を発揮!―


土地に制約がある変形地こそ、建築家の力量が発揮されると言われています。ハウスメーカーだと、変形地や狭小地、高低差のある土地、といった敷地には対応できないこともありますが、R+houseの建築家はこのような敷地に対しての経験が一般の設計士や建築士と比べても圧倒的に豊富です。
不利に捉えられがちな要素の中にも個性や可能性を見つけ出し、マイナスをプラスに転換できる設計力があります。
変形地も選択肢に入れられるということは、土地選びの選択肢が広がるとともに、相場より安く土地を入手できる可能性があるということになります。
R+house建築家の敷地対応力
―変形地や狭小地、高低差のある土地こそ、建築家の本領を発揮!―


土地に制約がある変形地こそ、建築家の力量が発揮されると言われています。ハウスメーカーだと、変形地や狭小地、高低差のある土地、といった敷地には対応できないこともありますが、R+houseの建築家はこのような敷地に対しての経験が一般の設計士や建築士と比べても圧倒的に豊富です。
不利に捉えられがちな要素の中にも個性や可能性を見つけ出し、マイナスをプラスに転換できる設計力があります。
変形地も選択肢に入れられるということは、土地選びの選択肢が広がるとともに、相場より安く土地を入手できる可能性があるということになります。
限られた予算、限られた敷地内で、最大限・最適解のプランニング。
―実際の坪数よりも広く感じられる工夫を随所にちりばめた、建築家のアイデアー
要望を全て叶えようとするとほとんどの方が予算オーバーに。
R+houseの建築家はカウンセラーのようにじっくりとヒアリングをし、そこから抽出した理想の暮らしを形にします。
(1) 吹き抜け
天井が高いと抜け感を感じ、開放的で空間に広がりを感じられます。


(2) 窓配置
実際よりも床が続いているように見えたり、天井が続いているように見える窓配置など。視線が外に抜け、視覚的に広がりを感じる効果を狙った配置計画。窓の配置にはすべて意味(=建築家の意図)があります。


(3) スケルトン階段
スケルトン階段にすることで、視線が抜け、広がりを感じられます。また、鉄という異素材が空間を引き締め、インテリアとしての要素も兼ね備えます。


(4) 廊下や仕切りが少ない間取り
廊下や壁・扉のような部屋の間仕切りが少ない、解放的で大きなワンルーム的空間で構成されているような間取りは、近年、家族の一体感を感じられると人気です。廊下分のスペースを部屋に吸収させることや、間仕切りがないことで視線が抜け、実際の面積よりも広く感じられます。


(5) 快適な家事動線
回遊動線を用いてスムーズな移動。
洗濯⇔干す⇔収納 日々の家事が楽になる間取りを、そのご家族の生活の仕方に沿って建築家が提案。各居室の収納スペース確保より、家族分を一括管理できるファミリークローゼット。玄関の裏動線 家族用玄関として裏動線があるとメインの玄関をいつもスッキリ綺麗に保てる。収納スペースは事前に持ち込む家具・家電リストも提出していただき、その家具家電が納まることはもちろん、使いやすさも考慮されたプランをご提案いたします。


限られた予算、限られた敷地内で、最大限・最適解のプランニング。
―実際の坪数よりも広く感じられる工夫を随所にちりばめた、建築家のアイデアー
要望を全て叶えようとするとほとんどの方が予算オーバーに。
R+houseの建築家はカウンセラーのようにじっくりとヒアリングをし、そこから抽出した理想の暮らしを形にします。
(1) 吹き抜け
天井が高いと抜け感を感じ、開放的で空間に広がりを感じられます。


(2) 窓配置
実際よりも床が続いているように見えたり、天井が続いているように見える窓配置など。視線が外に抜け、視覚的に広がりを感じる効果を狙った配置計画。窓の配置にはすべて意味(=建築家の意図)があります。


(3) スケルトン階段
スケルトン階段にすることで、視線が抜け、広がりを感じられます。また、鉄という異素材が空間を引き締め、インテリアとしての要素も兼ね備えます。


(4) 廊下や仕切りが少ない間取り
廊下や壁・扉のような部屋の間仕切りが少ない、解放的で大きなワンルーム的空間で構成されているような間取りは、近年、家族の一体感を感じられると人気です。廊下分のスペースを部屋に吸収させることや、間仕切りがないことで視線が抜け、実際の面積よりも広く感じられます。


(5) 快適な家事動線
回遊動線を用いてスムーズな移動。
洗濯⇔干す⇔収納 日々の家事が楽になる間取りを、そのご家族の生活の仕方に沿って建築家が提案。各居室の収納スペース確保より、家族分を一括管理できるファミリークローゼット。玄関の裏動線 家族用玄関として裏動線があるとメインの玄関をいつもスッキリ綺麗に保てる。収納スペースは事前に持ち込む家具・家電リストも提出していただき、その家具家電が納まることはもちろん、使いやすさも考慮されたプランをご提案いたします。


CONTACT
TEL:0120-84-0905
CONTACT
TEL:0120-84-0905



ページトップへ