R+house 三原市木原

住宅性能

Performance
住宅性能
Performance
住宅性能
R+houseが提供する
”快適な住まい”
快適な住まいとは?
”快適な住まい”とは部屋の中が適温に保たれている家のこと。暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。正しく断熱して、機密性能を高め、計画換気を行えば”快適な住まい”は実現できます。R+houseには、そのための工夫がたくさん詰まっています。
R+houseの住宅は、このような高気密・高断熱にとことんこだわっています。さらに高気密・高断熱の住宅は、冷暖房のランニングコストも抑えてくれます。
高断熱の指標となる「Q値」と「UA値」
住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。この数字が小さいほど熱が逃げにくい”高断熱な家”になります。R+houseは、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」大きく上回っています。
高気密の指標となる「C値」
住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(c㎡)で示されれ、数字がゼロに近いほど隙間の少ない”高気密な家”になります。これまでの日本の目標は5.0(c㎡/㎡)。それに対してR+houseの目標は1.0(c㎡/㎡)以下です。
高気密・高断熱、計画換気で耐久性を実現
R+houseは高い気密性と正しい計画換気を実現していることに加え、万が一結露が発生しても、木材にダメージを与える前に水蒸気として逃がす構造をとっているのが特徴です。これにより、耐久性の高い木造住宅を実現しています。
計画換気とは、全体の気密を高めた上で、空気の通り道をしっかりと確保し、常に新鮮な空気を取り入れ続ける仕組みのことです。
R+houseが提供する
”快適な住まい”
快適な住まいとは?
”快適な住まい”とは部屋の中が適温に保たれている家のこと。暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。正しく断熱して、機密性能を高め、計画換気を行えば”快適な住まい”は実現できます。R+houseには、そのための工夫がたくさん詰まっています。
R+houseの住宅は、このような高気密・高断熱にとことんこだわっています。さらに高気密・高断熱の住宅は、冷暖房のランニングコストも抑えてくれます。
高断熱の指標となる「Q値」と「UA値」
住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。この数字が小さいほど熱が逃げにくい”高断熱な家”になります。R+houseは、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」大きく上回っています。
高気密の指標となる「C値」
住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(c㎡)で示されれ、数字がゼロに近いほど隙間の少ない”高気密な家”になります。これまでの日本の目標は5.0(c㎡/㎡)。それに対してR+houseの目標は1.0(c㎡/㎡)以下です。
高気密・高断熱、計画換気で耐久性を実現
R+houseは高い気密性と正しい計画換気を実現していることに加え、万が一結露が発生しても、木材にダメージを与える前に水蒸気として逃がす構造をとっているのが特徴です。これにより、耐久性の高い木造住宅を実現しています。
計画換気とは、全体の気密を高めた上で、空気の通り道をしっかりと確保し、常に新鮮な空気を取り入れ続ける仕組みのことです。
専門建築士のチェック&「R+パネル」で地震に強い家を実現
地震大国と言われる日本だからこそ、家を建てるときには「耐震性」にも十分に気を配りたいもの。
R+houseは2つのポイントで、地震に強い家を実現しています。
POINT.1 建築士の厳密なチェック
R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。
  • CHECK1 建物への荷重
    建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。
  • CHECK2 風圧力
    台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。
  • CHECK3 地震力
    地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。
  • CHECK4 接合部の確認
    外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。
  • CHECK5 基礎の設計
    建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。
  • CHECK6 偏心率
    建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。
  • POINT.2 “面”全体で力を支えるパネル工法
    R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
    面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。
    専門建築士のチェック&「R+パネル」で地震に強い家を実現
    地震大国と言われる日本だからこそ、家を建てるときには「耐震性」にも十分に気を配りたいもの。
    R+houseは2つのポイントで、地震に強い家を実現しています。
    POINT.1
    建築士の厳密なチェック
    R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。
  • CHECK1 建物への荷重
    建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。
  • CHECK2 風圧力
    台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。
  • CHECK3 地震力
    地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。
  • CHECK4 接合部の確認
    外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。
  • CHECK5 基礎の設計
    建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。
  • CHECK6 偏心率
    建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。
  • POINT.2
    “面”全体で力を支えるパネル工法
    R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
    面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。
    高性能な満足度の高い家づくりを行うためのお客様へのお約束
    1.全棟UA値計算、C値測定実施
    R+houseuは、全棟UA値計算とC値測定(気密測定)を実施します。
    (R+houseuネットワークが定めるUA値は長期優良住宅の認定基準の等級4の値以下、C値は1.0未満とします)※お客様のご希望により、プランの自由度を優先した場合は除く。
    2.既定の品質チェックリストを用いた現場管理
    R+houseでの家づくりでは、基礎、建て方、気密、防水、木完、竣工など、R+houseネットワークが定める住宅性能の担保に重要な項目に沿った品質チェックリストを用い、施工管理を行うものとします。
    3.施工責任者認定制度
    R+houseでは、精度の高い現場の工事を行うため、R+houseネットワークが定める施工責任者認定講座の終了証を有した管理者が、現場の管理を行うものとします。
    高性能な満足度の高い家づくりを行うためのお客様へのお約束
    1.全棟UA値計算、C値測定実施
    R+houseuは、全棟UA値計算とC値測定(気密測定)を実施します。
    (R+houseuネットワークが定めるUA値は長期優良住宅の認定基準の等級4の値以下、C値は1.0未満とします)※お客様のご希望により、プランの自由度を優先した場合は除く。
    2.既定の品質チェックリストを用いた現場管理
    R+houseでの家づくりでは、基礎、建て方、気密、防水、木完、竣工など、R+houseネットワークが定める住宅性能の担保に重要な項目に沿った品質チェックリストを用い、施工管理を行うものとします。
    3.施工責任者認定制度
    R+houseでは、精度の高い現場の工事を行うため、R+houseネットワークが定める施工責任者認定講座の終了証を有した管理者が、現場の管理を行うものとします。
    R+houseの取組み
    AskDoctor 評価サービスによる認定取得について
    R+houseについて、100名のお医者様の89%がおすすめしています!
    エムスリーの会員医師(内科)100名を対象とした調査で、周囲の人へ「R+house」の推奨意向が89%であった結果を受けたものです。
    ※調査時期:2018年10月 調査対象:医師(内科)100名 AskDoctors調べ
    ~お客様の声~
    ・ヒートショックの回避が達成され、脳血管障害にも有効な予防策となる
    ・喘息患者は寒暖差で発作が出ることが多いため、入眠時と起床時の温度差が少ないほうが発作の抑制に役立つと考えられる。
    ・循環器医は例外なく、冬の朝、高齢高血圧患者のトラブルで痛い目に会っている。従来の日本家屋はその点では不十分で危険という他ない。
    ・温度バリアが少ないことは循環器疾患予防の観点からも、カビなどのアレルギー疾患の軽減にも寄与しうると考える。
    ・C値が低いのは重要だと思います。某大手メーカーで家を建てましたがやはり冬寒いです。今の家でも快適ですが、風呂場と脱衣所の温度差は結構あり、ヒートショックなどは心配です。
    R+houseの取組み
    AskDoctor 評価サービスによる認定取得について
    R+houseについて、100名のお医者様の89%がおすすめしています!
    エムスリーの会員医師(内科)100名を対象とした調査で、周囲の人へ「R+house」の推奨意向が89%であった結果を受けたものです。
    ※調査時期:2018年10月 調査対象:医師(内科)100名 AskDoctors調べ
    ~お客様の声~
    ・ヒートショックの回避が達成され、脳血管障害にも有効な予防策となる
    ・喘息患者は寒暖差で発作が出ることが多いため、入眠時と起床時の温度差が少ないほうが発作の抑制に役立つと考えられる。
    ・循環器医は例外なく、冬の朝、高齢高血圧患者のトラブルで痛い目に会っている。従来の日本家屋はその点では不十分で危険という他ない。
    ・温度バリアが少ないことは循環器疾患予防の観点からも、カビなどのアレルギー疾患の軽減にも寄与しうると考える。
    ・C値が低いのは重要だと思います。某大手メーカーで家を建てましたがやはり冬寒いです。今の家でも快適ですが、風呂場と脱衣所の温度差は結構あり、ヒートショックなどは心配です。
    CONTACT
    TEL:0120-84-0905
    CONTACT
    TEL:0120-84-0905


    ページトップへ