R+house 三原市木原

ブログ

Blog
ブログ
Blog
ブログ
2021年は・・・三原・尾道で新築・注文住宅・住まいの事なら 2020.12.11
2020年、米パントン社のカラーオブザイヤーに選ばれたトレンドカラーは”クラシックブルー”。

夜に向かう夕暮れ空を連想させるような深みのあるブルーが2020年は流行する色と予測されました。

時代にとらわれることのないブルーの色合いで、シンプルさとエレガントさが特徴で、夜に向かう夕暮れ空を連想させるような深みのあるブルーで新しい時代における信頼できる安定した基盤への欲求を表現しているそうです。

藍色やネイビーに近く、インテリアコーディネートでも取り入れやすい色。

部屋のメインソファで、”クラシックブルー”を取り入れたコーディネートは、落ち着きや安心感のある空間に仕上がります。

2020年トレンドカラーの”クラシックブルー”は、落ち着きや集中力を高める効果があるのでワークスペースのインテリアコーディネートにもおすすめの色でした。

2020年のトレンドカラーではありましたが、インテリアでは流行に左右されない定番人気の色でもあります。

確かに今年はアクセントクロスやキッチンや建具にもブルーを使われている方が目立ちました。

”クラシックブルー”は、気持ちを落ち着かせたり、眠りを促す効果もありますから、ベッドルームにも積極的に取り入れたいカラーと言えます。



さて、2021年まではまだ数か月残っていますが、早くも2021年のトレンドが発信されるようになりました。

2020年は新型コロナウィルスの影響で世界的な“STAY HOME”となり、家にいる時間をどう過ごすかを改めて考えさせられる年となりました。

そんな中で注目される、2021年のトレンドインテリアはどのようなものでしょうか…。

すこし調べてみましたので、少しだけお伝えしたいと思います。

今までは、「インダストリアル」、「ミニマル」、「シャビーシック」など、強い印象付けをするインテリアが流行っていました。

2020年はナチュラルインテリアのポイントとなる、藤や竹・い草などの天然素材やリサイクル可能な素材は、昨今注目される地球環境問題への取り組みとして世界的に注目され、このような温かみのある素材とは対照的に、スタイリッシュなメタル素材、色としてはゴールドがトレンドとなりました。

2020年のトレンドであった自然素材を使ったナチュラルなインテリアも2021年引き続き流行となりそうと予測されています。


【テイスト】ナチュラルやトライバルが流行の兆し
ナチュラル
藤や竹などの天然素材を使ったナチュラルなテイストは数年前から続いていますが、2021年もやはりこの流れは続くようです。
有名ブランドからもサスティナブル(=環境に配慮されており、また人類の生活も向上させる)な商品が発信されていて、環境問題に配慮しながらインテリアを楽しむという素晴らしい取り組みは今後も長く続いてほしいものです。

【素材】竹や籐などの自然素材に注目
ナチュラルインテリアの主役となる、竹や籐などの自然素材は2020年に続き、主流となりそうです。
また、それとは対照的に、冷たさを感じるメタル素材も注目です。
2020年までは、家具の一部にメタル素材というアイテムがよく見られましたが、2021年は全体がメタル素材の家具や雑貨が多く見られそうです。



【アイテム】調和のとれたアイテムが2021年の主役
自然素材のアイテムや自然をモチーフとした雑貨
先にも述べましたが、藤や竹といった自然素材のアイテムはインテリアの主役となるでしょう。
無垢材やラタンで作られたソファやパーソナルチェアなどの家具は空間にぬくもりを感じさせ、居心地のいいインテリアへと導いてくれます。
植物柄のファブリックなども流行の兆しです。風景をプリントした壁紙や大きなアートを飾って自然とのつながりを持たせたり、明るく陽気なトロピカル柄の生地のクッションカバーをアクセントにしたり…。。

アクセントチェア
ソファとは別に一人掛けのチェア、アクセントチェアやパーソナルチェアがトレンドインテリアのキーとなりそうです。深く腰掛けて読書をしたりリラックスできるアクセントチェアは、「快適な暮らし」の必需品とも言えるでしょう。

抽象画のアート
アートの中でも抽象画や線で描いたアートが人気です。
線で描いたような人物像は、シャープでありながらも柔らかな印象で、ナチュラルなインテリアにもなじみますよ。

アウトドア家具
近年、「アウトドアリビング」という言葉をよく耳にするようになりました。
屋外にもうひとつのリビングを作ることは、単に庭やベランダを有効活用できるというメリットだけでなく、開放的で心身ともにリラックスでき、精神的に充実感を与えてくれます。
海外の有名メーカーでも、屋外に耐えうる丈夫な素材を使った家具が発表されていて、室内でアウトドア家具を使うというアイデアにも注目です。



以上、スタッフYでした。



アトリエ建築家のデザイン住宅。かっこいいのは当たり前。  ライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案。  将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。  建築家と建てる家を、身近に、手軽に。

  R+house 谷前住建 https://r-plus-house-mihara.com/
ページ先頭へ
CONTACT
TEL:0120-84-0905
CONTACT
TEL:0120-84-0905



ページトップへ