R+house 三原市木原

ブログ

Blog
ブログ
Blog
ブログ
アトリエ建築家の設計力!! 三原・尾道・竹原で新築・注文住宅・住まいの事なら 2022.06.3
6月に入りました。
梅雨がこれからやってくるのか想像できないくらいの快晴の毎日です。
もう夏がやってきたかのような日差しですが、熱中症などに気を付けて過ごさないといけませんね。
さて、今日はアトリエ建築家の設計力についてお話したいと思います。
R+houseはアトリエ建築家が建て主様からご要望をヒアリングし、間取りプランや内外観のデザインをします。
使いやすい間取り、カッコ良いデザインはもちろんですが、性能やコスト面の事も考えられたプランニングがいつも好評を頂いております。
プランの傾向として、家のボリューム(大きさ・面積)はコンパクトに抑えながらも、狭く感じない、収納が足りないということがありません。
アトリエ建築家のプランは以下の利点があります。
・吹抜けや窓の取り方の工夫により、目線の抜けや空間の広がり最大限に生かした圧迫感がない間取りになる。
・無駄な廊下スペース等を極力少なくすることで、その分収納スペースなどが大きく取れる。
・家のボリュームがコンパクトになることにより、無駄なコストアップが抑えられる。
などがあります。
こちらの間取りを見比べてみて下さい。
<Aプラン>
<Bプラン>
どちらも家の1階の間取りで、床面積はほぼ同じです。
違いが分かりますでしょうか?
Aプランは従来型の一戸建てのプランニングです。
玄関を開けると、玄関収納とホールがあり、廊下が続きます。
廊下には各部屋に行くためのドアがあり、2階へ上がる為の階段があります。
リビング、ダイニング、和室、寝室があり、北側には浴室やトイレなどの水廻り。
よくある一般的な間取りだと思います。
しかしながら現代の住まい方に合ってますでしょうか?
玄関収納その大きさで足りる?
リビング、ダイニングその部屋の広さで快適に過ごせますか?
客間の和室いつ使いますか?
廊下や階段のスペース無駄じゃない?
Bプランをみて下さい。
Aプランと1階の面積は同じなのに、何が違うでしょう?
広いリビングダイニング。
多目的に使える和室。
無駄な廊下や階段スペースをつくるよりもシューズクロゼット等の収納に充てる。
コンパクトながら現代の生活に合ったプランだと思います。
こちらはアトリエ建築家プランの良さのほんのほんの一部です。
こういうプランをすればするほど気を付けないといけないことがたくさんあります。
断熱性、換気システム、耐震性、等々・・・
こんなお話を毎月の家づくり勉強会でしております。
興味のある方はぜひご参加下さい。
第80回「後悔しないための賢い家づくり勉強会【個別対応】」開催致します!
お問い合わせはこちら。
以上、代表 谷前の現場報告でした!
アトリエ建築家のデザイン住宅。
かっこいいのは当たり前。
ライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案。
将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。
建築家と建てる家を、身近に、手軽に。
R+house 谷前住建
ページ先頭へ
CONTACT
TEL:0120-84-0905
CONTACT
TEL:0120-84-0905



ページトップへ