R+house 三原市木原

Works
施工事例
Works
施工事例
case#114 E様邸 / 建築家 齊藤真二
子や孫も集まれる、夫婦2人暮らしにジャストサイズの家。 R+house (建築家 齊藤真二)
建築家   齊藤真二
構造規模  木造・2階建て 
敷地面積  70.18坪 
1階面積  12.02坪 
2階面積  11.52坪 
延床面積  23.54坪

UA値    0.42W/㎡・K
C値     0.25c㎡/㎡



「夫婦二人の時間を楽しみ、子供たちが家族を連れて帰ってきたくなる家」
E様ご夫妻のご希望されたのはそんな家。

ところが1回目の建築家のプレゼンでは
「違和感しかなかった」のだそう。

想定よりも規模が小さいうえに、収納も少なく、間仕切りがほとんどないのに
段差が多く、子供たちが泊まれる客間もないプラン。
「本当にこれで生活できるのか想像が出来ませんでした。でも、齊藤さんが私達の
ためにまとめてくださったプランなのだから、と勇気を出して受け入れました」
と語るのはご主人。

1階は広い玄関土間から連続するワンルームのLDK。カフェのようなキッチンは夢に
見たとおりのもの。リビングはスキップダウンにして空間に変化を与えました。
2階には山の景色を眺める浴室や星空を眺めるバルコニー、ホームシアターにもなる
セカンドリビングなど楽しめる場所が随所に詰め込まれ、ホテルライクなラグジュ
アリーな家になったと大変喜ばれました。

収納が少ない事も、思い切った断捨離へのきっかけとなり、今必要なものだけに絞
り、持ち物を「見える化」したことにより、生活しやすくなったのだそう。
「広さも間取りも私達の暮らしにピッタリで無駄がないのに、人が集まっても居場所
がたくさんあるので困ることはありません。自分たちの固定観念に縛られていたら、
こんな住まいは実現できませんでした」
と奥様。

結果的には、ご夫婦お二人の暮らしにピッタリフィットした、居心地の良いお住い
になりました。


本写真画像は全国各地の R+house ネットワーク加盟工務店が施工した物件を 
撮影したものを同ネットワーク全体の広告宣伝のために使用しているものであり、 
当該物件が特定の工務店等の施工物件であることを保証するものではありません。
  • 玄関土間に隣接したテラス。テラスがあることによって自然光が入ってくる。
  • 玄関土間からリビング・ダイニングを一望。ニュアンスのあるグレーのクロスが落ち着いた雰囲気。家具はこの家に合わせカリモクで新調したとのこと。
  • 段差を設けて沈み込ませ、スキップダウンとしたリビングからダイニング・キッチンを見たところ。人がたくさん集まると、段差がベンチ代わりに。
  • キッチン背面に飾れるオープンラックを設けて、お気に入りの容器や雑貨を楽しむ。床を1段下げてあるのでダイニングに座ると視線を合わせられる。
  • ダイニングに隣接したデッキテラスを見る。高さのある塀が、外からの視線を遮る。
  • ダイニングからリビング越しに玄関土間を見る。間接照明を効果的に用いた室内は、建主が望んだ「ラグジュアリー感」で満たされている。階段右側の洗面室とトイレに続く経路は、家の形の間口にして空間にアクセントを。
  • 浴室からアクセスするバルコニーは、昼は山の遠景を、夜は満点の星空を楽しめる。
  • 2階のセカンドリビングと寝室も間仕切りなしでつながる。3列あるクロゼットの間を通して、目覚めたときにベッドから山が見えるのが爽快。
  • デッキテラスから北庭を見る。外構は子どもの友人が力を合わせて自主施工。人工芝を張り、板張りのフェンスもなんとDIY。
  • CONTACT
    TEL:0120-84-0905
    CONTACT
    TEL:0120-84-0905



    ページトップへ